在庫車両情報

モトマッシモ リアルタイム 在庫車両情報!  ☆ 2021年7月10日更新 ☆

現在グーバイクに掲載中の車両情報です。グーバイクのページには書ききらない内容などを載せたいと思っております(*‘∀‘)

台数が増えましたら、グーバイク未掲載の車両も載せるかもしれません!?

※ 2021年5月4日 ご納車完了の車両情報を削除しました。

 

 

!NEW! MONSTER 796 

 

モンスター796ABSです。ABSが標準装備されています。

当店のお客様より買取させて頂いた車両です。出自や経緯が明瞭なワンオーナー車両です。

モンスター696モデルと同じく、エンジンは空冷でクラッチは湿式です。696モデルより車重は6㎏プラスの167㎏ですが、

エンジン設計が変わりピストンのストロークが長くなり、排気量約100㏄アップの結果、最高出力は6㎰アップの87㎰となりました。

数字上は微々たる変化ですが、ロングストロークによってトルクが上がり、中低速の回転域が使いやすく感じます。

リアサスペンションのリンクは796用となっており、696より2㎝高くなっております。

696には装備されていないオイルクーラーが796には装備されており、夏場など高温になりやすい環境下でエンジンの安定性が向上しました。

走行距離は1,861㎞、車検切れ車両ですので、新規登録をし車検を受けてからご納車致します。

メインキー・スペアキー・コードカードが付属します。

この車両は2013年に発売されたモデルで、販売されてから8年以上経過しているため、劣化しているとみられる部品が数点ございます。

当店での販売車両は、ご納車日からストレスなく乗って頂きたい為、経年劣化で悪くなっているとみられる箇所を純正新品部品に交換した上で、

販売価格を設定しております。ご納車整備の際、新品交換する部品は以下の通りです。

●クラッチマスター  ●前後ブレーキマスター  ●ブレーキフルード  ●前後タイヤ  ●バッテリー  ●ドライブチェーン

●スパークプラグ  ●タイミングベルト  ●エンジンオイル  ●オイルフィルター  ●エアフィルター  ●スロットルグリップ

車両価格 ⇒ ¥ 730,000 + 消費税

納車準備費用 ⇒ ¥ 92,775

※ 車検及び納車準備費用の中には、重量税・検査手数料印紙代・自賠責保険料も含まれます。

※ 当店舗所在の神戸ナンバー以外で登録の場合、他府県登録手数料が別途必要です。

 

 

!NEW! MONSTER 696

 

モンスター696です。エンジンは空冷でクラッチは湿式です。モンスターはドゥカティでも定番となったモデルですが、この696・796・1100シリーズは空冷モンスターでも

特に乗りやすいと定評のあるモデルとなりました。水冷モンスターに比べると若干パワーが劣りますが、その分車重が軽いので軽快に走行できます。

ミドルクラスの強みは、丁度いいエンジンパワーとトルクで気疲れしない扱いやすさと、取り回しのし易さです。

排気量が大きければエンジンパワーもトルクも上がりますが、有りすぎるとどちらも扱いにくいと感じるものにもなります。

サーキットを走ることを視野に置かれている方ですと、直線区間の速さがタイムを縮めることに直結しますので、リッターバイクのパワーと速さを望まれることは

自然かもしれません。しかし、街乗りやワインディングを流したり、高速道路と一般道を主に走行されるなら、この排気量の扱いやすさは正解だといえます。

水冷になるとエンジンブロックにウォータ―ジャケット、クーラントホースにラジエターと、水を冷やす機構が必要なので、その分車重に影響しますが、

空冷はそういった水と水の通路を積まない分、車重が軽く作れます。

走行中は感じない車重も、エンジンを止めるとそれを押し支えるのはライダー自身となりますので、やはり軽いほうが立ちごけなどのリスクも減ります。

このシリーズのモンスターは、リアサスペンションを固定するスペーサーブラケットの高さと、シートの厚み、フロントフォークの突き出し量、タイヤのハイトで

それぞれ車高に違いを設けています。696は一番車高が低くなるように設定がなされています。

以上のようにエンジン・車重、車格等から、大型バイク初心者の方にも、小柄な女性にも、リッターバイクに疲れた方にも、ピッタリくるバイクです。

走行距離は3,664kmです。排気量は696ccです。車検は来年4月までの車両ですので、整備完了後名義変更してご納車致します。

メインキー・スペアキー・コードカードが付属します。

この車両は2010年に発売されたモデルで、販売されてから10年以上経過しているため、劣化しているとみられる部品が多くなってきています。

当店での販売車両は、ご納車日からストレスなく乗って頂きたい為、経年劣化で悪くなっているとみられる箇所を純正新品部品に交換した上で、

販売価格を設定しております。ご納車整備の際、新品交換する部品は以下の通りです。

●クラッチマスター  ●前後ブレーキマスター  ●ブレーキフルード  ●前後タイヤ  ●バッテリー

●スパークプラグ  ●タイミングベルト  ●エンジンオイル  ●オイルフィルター  ●エアフィルター

車両価格 ⇒ ¥ 650,000 + 消費税

納車準備費用 ⇒ ¥ 55,535  ※車検残有り 

※ 車検及び納車準備費用の中には、重量税・検査手数料印紙代・自賠責保険料も含まれます。

※ 当店舗所在の神戸ナンバー以外で登録の場合、他府県登録手数料が別途必要です。

 

 

● 959 PANIGALE

 

959パニガーレです。排気量は955㏄、最高出力は150㎰となっており、ミドルクラスとは言えない程のエンジンパワーです。

パニガーレの名を冠するスーパーバイクシリーズは、1199・899から始まり、、1299・959になってからはコンピューター制御機構がグレードアップし、

エンジンコントロールが更にしやすくなりました。レース・スポーツ・ウェットの3種からなるなライディングモードを備えており、シーンに応じてモードを変えれば、

どこでも誰でも楽しめるスーパーバイクとなること間違いないと思います。クラッチは湿式です。

ABS標準装備は勿論のこと、トラクションコントロールエンジンブレーキコントロールも装備されており、クイックシフターで素早いシフトチェンジを実現。

水冷エンジンながら乾燥重量176㎏という軽さで、車重・パワー共に同クラスの空冷車両を圧倒するポテンシャルを秘めています。

パニガーレモデルに共通ですが、スロットルにアクセルワイヤーがついておりません。これはスロットルに開度を検出するセンサーが付いており、電気信号をスロットルバルブに

ついているモーターに送り、電子制御でバルブを開閉する機構、ライドバイワイヤを採用しています。

加えてこれまでのドゥカティモデルからは一線を画し、タイミングベルトならぬタイミングチェーンに変更され、エンジンメンテナンスの頻度を減らした画期的なモデルです。

この車両は2018年に発売されたモデルで、現在走行距離は3,336㎞車検が今年の11月までですので、納車準備費用と車両代金のみでお買い求めいただけます。

当店での販売車両は、ご納車日からストレスなく乗って頂きたい為、消耗部品・油脂類を新品に交換した上で、販売価格を設定しております。

ご納車整備の際、新品交換する部品は以下の通りです。

※ タイヤは使い方に因りタイプと価格に幅がある為、任意選択で交換していただけるように致しました。別途部品代・工賃が必要となります。

●バッテリー  ●ブレーキ・クラッチフルード  ●エンジンオイル  ●オイルエレメント

車両価格 ⇒ ¥ 1,360,000 + 消費税

納車準備費用 ⇒ ¥ 55,535

※ 車検及び納車準備費用の中には、重量税・検査手数料印紙代・自賠責保険料も含まれます。

※ 当店舗所在の神戸ナンバー以外で登録の場合、他府県登録手数料が別途必要です。

 

 

● SUPER BIKE 996 S

 

店長の大好物、916系車両です。アッパーカウルとアンダーカウルを塗装致しました。周辺のカウルに合わせて調色・塗装されているため、全く違和感はありません。

この996Sは走行距離がかなり進んでおり、ご要望があればエンジンフルオーバーホールもご納車前に行うことが可能です。現在距離は56,286kmです。

ただ現時点ではエンジンの調子もよく、始動・アイドリング・走行に全く支障がありません。エンジンが暖まった際のストールもありません。

ケースの繋ぎ目等からのオイル漏れも見られないため、今すぐにオーバーホールの必要はなさそうです。

996Sは新車販売が2001年となっており、今年で20年を迎えます。そのため経年劣化・走行で摩耗していると思われる部分が多数ありますので、複数のパーツ交換とOHを

予定しています。但し近年ジェネレータとレギュレータを交換したばかりですので、その点は安心して使用出来るかと思います。

996は『スタンダード』 『S』 『R』と3シリーズありますが、この年代のドゥカティは『R』は勿論のこと、『スタンダード』と『S』でもエンジンの構造に大きな違いがあります。

当時の車両分類は、『スタンダード』は【公道用一般モデル】、『S』は【公道用高性能版】、『R』は【市販レーサー】という位置づけだったようです。

『スタンダード』は996ノーマルエンジンを搭載されていますが、『S』は2000年型996SPSをベースに作られたエンジンを搭載。公道用というにはかなり過激な車両です。

996R以降のモデルのエンジンはテスタストレッタに変更されていますが、996Sまでがデスモクアトロ構造となっています。デスモクアトロとテスタストレッタとの大きな違いは

シリンダーヘッドです。テスタストレッタはバルブアングルを小さくし、ポートをストレート化、ボアを拡大しショートストロークになったことで、より高回転重視のエンジンへと

進化していきました。しかしテスタストレッタはパワーを生み出しやすい構造に変化したことで、スムーズ過ぎるとユーザーから評価される部分が生まれました。

デスモクアトロもレーサーの系譜ですが、エンジンの鼓動感などテスタストレッタ以降のエンジンには無くなってしまった『ドゥカティらしさ』、乗っていて楽しいと思わせてくれる

部分があります。店長曰く、デスモクアトロのドコドコ感が心地良いそうです。(具体的に上手い文章表現が出来ずスミマセン・・・。)

この車両は車検切れ車両ですので、ご契約後検査受け致してご納車致します。

今後記載の写真から変更・換装する予定のパーツ、納車整備で新品交換及びOHする主な部品は以下の通りです。

●カーボンフロントフェンダー  ●カ―ボンエアボックス  ●カーボンエアダクト  ●カーボンラジエターシュラウド  ●カーボンチェーンカバー

●テルミニョーニチタンサイレンサー  ●前後タイヤ  ●クーラント  ●チェーン・スプロケット  ●前後ブレーキキャリパー  

●Fブレーキディスクローター  ●クラッチマスター  ●前後ブレーキマスター  ●ブレーキフルード  ●バッテリー  ●タイミングベルト  

●クラッチディスク  ●クラッチハウジング   ●スパークプラグ  ●エンジンオイル  ●オイルフィルター  ●エアフィルター  

●前後サスペンションOH  ●ステムベアリング交換

車両価格 ⇒ ¥ ASK (現車確認必須・要直接問合せ・交換部品、作業点数により変動) 

車検 及び 納車準備費用 ⇒ ¥ 93,975

※ 車検及び納車準備費用の中には、重量税・検査手数料印紙代・自賠責保険料も含まれます。

※ 当店舗所在の神戸ナンバー以外で登録の場合、他府県登録手数料が別途必要です。

 

 

★SOLD OUT★ SCRAMBLER FULLTHROTTLE

 

スクランブラーフルスロットルです。スクランブラーはモンスターやディアベルといった同じドゥカティの他ネイキッドモデルより、ハンドル位置が高くシート高も抑えた設計の為

足着きが良く、乗車姿勢が楽です。小柄な方や女性ユーザー様も乗りやすいと定評もあり、のんびりゆったりツーリングをするのに最適なモデルです。

このスクランブラーフルスロットルというモデルは、本場アメリカでダートオーバルコースを走行するトラックレーサーのイメージで作られた車両です。

同じスクランブラーシリーズのモデルと比べるとかなりワイルドな風貌で、未舗装道路や悪路も楽々走破できるトレールタイヤが装着されています。

このフルスロットルというモデルには、デフォルトでパフォーマンス製テルミニョーニサイレンサーが装着されています。

乾燥重量は170kg72馬力空冷エンジンで、クラッチは湿式ワイヤーです。

走行距離は10,085kmです。排気量は803ccです。車検切れ車両ですので、ご契約後検査受け致します。

ご納車前に新品交換する部品は以下の通りです。

●バッテリー  ●前後ブレーキフルード  ●スパークプラグ  ●タイミングベルト  ●オイルフィルター  ●エアフィルター

 

※ 車検及び納車準備費用の中には、重量税・検査手数料印紙代・自賠責保険料も含まれます。

※ 当店舗所在の神戸ナンバー以外で登録の場合、他府県登録手数料が別途必要です。